小学校受験@体験記

小学校受験のために、ちゃんと歩けるように変形性膝関節症にも気をつけたい

2013-07-29

子供が小学校受験を考えている場合、子供だけの問題ではないことはよく知られています。
お父さんやお母さんの生活なども重要で、普段から運動などをしていたり、地域活動などもしていたりすることが、実は関係してくるとも言われるわけです。
そういった活動をしていると、横のつながりもできたりするわけで、多くの情報を得るチャンスにもなってきたりするのです。

 

そのためには、常に健康でなければいけません。
子供だけが健康でも、親が不健康でその生活を支えてあげられないとするのであれば、それはやはりマイナスポイントになるとしか言えません。
変形性膝関節症などに関しても、気を付けていかなければいけないものの一つです。
膝を壊すということは、歩行に関してかなりつらい状況になりますし、運動などもできなくなってしまいます。
膝がつらいということは、それだけ姿勢も維持できませんので、何かと負担が出てしまうことでもあるのです。

 

体重に気を付けて生活するだけでも、変形性膝関節症になる確率はかなり軽減できます。
その理由が、変形性膝関節症の8割にも及ぶ人が、肥満であるという統計があるからなのです。

肥満が自己管理であるというつもりでもありません。
体質的になってしまう人もいるのは事実なのですから、体に気を付け節制していくことが重要なのです。

 

子供たちも受験となれば一大イベントです。

 
その先の人生も考え、受験させるわけなのですから、親としても健康でいられるような節制は重要なことだといえるのではないでしょうか。