小学校受験@体験記

小学校受験の面接

2012-12-06

小学校受験で緊張するのは、やはり面接ではないでしょうか。

面接をする子どもが失敗はしないか、突然集中力がなくなりはしないだろうか。

そんな心配も多いと思いますが、やはり一番の心配は親である自分が

きちんとした立居振る舞いができるかどうかではないかと思います。

 

社会人としてのマナーは、父親の場合は毎日仕事に出かけていますので、

それなりに身につけているでしょうし知識も豊富だと思います。

しかし母親といえば、社会人として働きながら子どもを育てているという方も

今は多いと思いますが、子どもが学校に通えるようになるまでは働かないと

決めているお母様も多いのではないでしょうか。

最近は共働きは増えたとはいいつつも、まだまだ多いとはいえません。

そんな訳で多くの母親は緊張しながら面接を受けることになります。

面接では母親とはいえども一人の大人としての

モラルやマナーを問われることになります。

 

もちろん松山のデリヘルでもモラルやマナーは問われるのです。

本などで勉強することは大切ですが、日頃から社交の場を活用して、

なるべく年上の方などからきちんとした立居振る舞いなどについて聞いてみたり、

アドバイスをもらったりするのがよいと言えるのかもしれません。

また社交の場が近くにない場合には、地域の活動に参加するという方法もあります。

特にご高齢の方が参加するような地域の集まりには、手本になるような方がたくさんいますので

そのような機会を活用してみるのがよいでしょう。