小学校受験@体験記

学歴とその後の仕事

2012-11-22

日本国内でも学力や文化の違いというのは大きいもので、
都会ほど競争率も激しく、レベルは高くなります。
小学校受験が当たり前と考えられるような地域もあれば、
小学校から高校まで顔ぶれが変わらず、学校を選ぶという考え方が
必要のないような地域もあるわけです。

 

お互い経験したことのない暮らしに憧れを持つこともあるでしょうが、
小さい子供の場合は人生経験が浅いですから、それが
ごく普通の暮らしと認識することも多く、
自分の生活に満足していると考えられます。


大人になって地方から都会へ出るとなれば、
学歴は少なからず影響するかもしれません。
しかし今の景気では、学歴があれば必ず生活が
安定する職業に就けるとは限らないのです。
特に子供が小さいうちにどのような暮らしをさせるかによって、
将来子供が理想とする生活も変わっていくはずです。
相続を群馬で手続きする際に困ることのないように、
子供がまだまだ小さいうちから、
今後のことを考えた暮らしを経験させることも必要です。

もちろん、親が望んでいるように、子供が成長してくれるとは限りません。
親が望む仕事と子供が就職した先の仕事が、
全く違うということも珍しくはないでしょう。
しかしそれは個性がはっきりとしていて、
自分のやりたいことをしっかりとわかっている証拠でもあるのです。