小学校受験@体験記

お受験のマイナスイメージとは

2012-11-13

子供の受験に関しては、子供よりも親のほうが真剣・・・と
考えられることもあります。
まわりに自分と同じような環境で育った人が多いと、
自分や自分の子供も同じような道を選んで欲しいという考え方が
働くのかもしれません。
また、過去に自分が苦労した経験があって、同じ道を歩んで欲しくない
という思いが強くなれば、子供のことにより真剣になることもあるでしょう。
子供を一人前の大人に育てるのは親の仕事でもありますから、
真剣に子供のことを考えるのは大事なことといえます。

 

そんな子供の受験に関しては、親のイメージも重要になってきます。
面接の際には親が出席することもありますから、
親にとっても大事な受験の場になるのです。
過払いを群馬で経験している人の中には、過去の借金の経験が
受験にマイナスイメージを与えてしまう可能性もあります。
そこまで経歴などを知られることはないかもしれませんが、
絶対にありえないとは言いきれません。
受験の際には、その学校の評判などもしっかりと調べ上げておくことも重要です。

今もまだ借金が残っている場合は、はやいうちにすべて支払いを
すませておきましょう。
子供を受験させたあとも、学費がかなりかかる可能性があります。
借金が多いと支払いが困難になることもありますから注意しましょう。