小学校受験@体験記

お受験の疲れを癒す旅イン群馬。交通事故一歩手前のヒヤリ旅。

2012-10-13

日頃の疲れを癒してくれるもの、それは旅行です。

受験戦争って子供というよりも親の闘いでもあります。

なので、子供よりも親がついピリピリしちゃうんですよね。

 

そんなストレスを発散させるため、家族で伊香保温泉へ出かけてきました。

子供が小さいうちは家族で旅行に行く機会がたくさんあるかもしれないけど、

大きくなってくるとそうはいかなくなってきますよね。

そもそも、「一緒に行きたくない」と言われる日が来るかもしれないと思うと、

親としては寂しいものです。

子供には、大人にはない吸収力があります。

 

少しでも多くの場所に連れていって、少しでも多くの思い出を残し、

心に刻んで欲しいと思っています。

家族旅行は、家族の絆も深まるものでもあるので、時間がある限り行きたいですね。

 

群馬県に入り、伊香保温泉も近づいてきたころ。

車を運転していた主人が急ブレーキを踏みました。

信号を見ていなかったらしく、危うく前の車にぶつかる所でした。

ヘタをしたら交通事故を群馬で起こしていたことになっていたかもしれません。

 

私は、主人に「何しているの!」と、怒りをぶつけました。

まずは、子供の心配をしなくてはいけなかったのですけど、自分が驚いてしまって余裕がなかったようです。

車内に気まずい空気が流れた時、

子供が「パパ、次は気をつけてね。喧嘩ダメだよ」と私たちに声をかけたのです。

こんな小さい子に気を使わせて何をしているんだと反省しました。

私たち大人よりもずっと大人な子供の対応に、

私たち大人も成長しなければと学んだ旅行でした。